2018年と2019年−転職とか、個人の活動とか

絵画:葛飾北斎の日本橋の浮世絵

2019年になりました。今年の仕事始め前にさらっと2018年を振り返りつつ、今年のことを考えてみます。

転職してオミカレに入社

2018年10月にいきなり転職しました。結構びっくりされましたが、実際に話が持ち上がってから決断するまで1ヶ月かかっていないし、決断してから前職の最終出社日までも好意的に対応していただいて可能な限り最短の日程でした。

婚活パーティー、お見合いパーティーをまとめて検索 – オミカレ

前職を辞めたいとは基本思っていなかったので、タイミングがいろいろ揃うとこういう展開になるんだなあと、改めて人生ってわからないものだなと思いました。なんか他人事みたいな感想ですが。

オミカレでの私

名刺の肩書は「UXデベロッパー」という大層な感じですが、基本的にサービスの改善を日々行うというのがメインの業務です。社内的にはグロースハック部隊的な扱いになっています。

その点について何か大きな成果を2018年中に出せたか?となると目立って会社の業績にプラスの影響を出せているというと言えるものはまだないので、2019年なるべく早い段階で人に言えるような成果を出したいと思います。

まあ、全く何もないのか?となると辛いのでそれっぽいことを言うとすれば、チリチリとPage Speed Insightの数値を改善したりしています。

2019年はよりサービスの成果にプラスの影響を残していきたい所存です。

オミカレという会社

元リクルートホールディングスの人事部長(リクルートテクノロジーズでも人事部長)の西村社長と、元はてなの曽根副社長兼CTOという、なかなか大仰な来歴のコンビで会社を運営していくという体制になって、エンジニアの顔ぶれがどんどん充実していった2018年でした。私の入社以降も増えていますし。

さらに2019年にはマーケティングの部門も強化されます。とても期待しています。これが噛み合うと、「バケツに水を注ぐ人」と「バケツの穴を塞ぐ人」、「バケツの水を運ぶ人」の役割がそれぞれ集中できるようになると思うので、よりパフォーマンスが出せると期待しています。当然、それぞれが自分の領域のタコツボに入ると良くないので、コミュニケーションが取れるようにマネージメント層に頑張ってもらう面があると思いますが、それぞれの人達もオーナーシップを持って取り組んで行きたいですね。

個人的な活動

2018年もありがたいことに、いろいろな場所やコミュニティで登壇の機会をいただきました。転職にともない、このあたりがどうなるか?ですが、オミカレは曽根CTOがいる会社ですので、前職でも好きにやらしてもらいましたが、より積極的に行っていく方向で進んでいます。特に、2017年あたりから活発化している「webクリエイターのための情報交換所」がらみのイベントをよりたくさんの地域で行えないか画策中です。

2018年に澤田さんと立ち上げた「リーダブルな夜」についても、継続して開催していきます。

登壇以外の個人活動として、書籍の執筆もしていましたが、2013年に初めて執筆に加わって以来、年に1冊は何かしら書いていましたが、2018年はありませんでした。いろいろとタイミングやらが関わるものですので、これまで毎年のように出ていたのがある意味とても恵まれていたという事だったなあと改めて思っています。別にやめたつもりはないので、また機会があればチャレンジしてみると思います。

2019年も、様々な形で関わってくれる方々や、所属しているオミカレにプラスになるような活動ができるように精進していく所存です。

プライベート

私事では、長男が高校3年生、次男が中学3年生となります。ダブルで受験生ですので、彼らがより良い結果を出せるようにサポートしていきます。