Twitter Cardsのキャッシュ更新の方法を整理

ちょっとオミカレの仕事でやったのでメモとしてまとめておきます。

Twitter Cards使うこと多いと思います。こんなやつですね。

いわゆるLP的な単発の場合、手でソースを書いたりするんですが、ちょいちょい間違えたりするじゃないですか、人類って(主語でかい)。

CDN使ってて間違えてそっち書いたりとか(Twitter Cardsに入れる画像はリンク先と同じドメインじゃないとダメというのを忘れがち)。あと純粋にURL間違えたりとか。

そこでTwitter Cardsに関連したmetaを直して、さて更新となるんですが、TwitterでCardの情報がキャッシュされているので、まあ、反映されない。

https://cards-dev.twitter.com/validator

Card Validator通すとキャッシュクリアされるってよく言われていますが、まあ、されない。「それでしばらく待ちましょう」ってことなの?と思いつつも本家のドキュメント見ると書いてました。ちゃんと明記してました。

https://developer.twitter.com/en/docs/tweets/optimize-with-cards/guides/troubleshooting-cards#refreshing

要は、bit.lyで対象のURLのショートURLを作成して、そのbit.lyで生成したURLをTweetすると、元URLのキャッシュも書き換えられるということなんですね。

実際にサクッとTwitter Cardsの内容が更新されたので今後はこれでサクサク行けそうです。やはり頼るべきは公式のドキュメントですね!