もうちょっとボタン押してほしいな、で、少し動きをつけてみると

クリック率が動きつける前から130%になりました。というお話。

アプリもやっているサービスであれば、大抵あると思われる、このストアへのリンク。

スクリーンショット:「全国各地の婚活パーティ・出会いイベント探しをもっと手軽に! 【オミカレ】の公式アプリ」と書かれたブロックに、Google Play StoreとApp Storeへのリンクボタンが置かれている。

あ、言うまでも無いかもしれませんが、「婚活パーティー、お見合いパーティーをまとめて検索 – オミカレ」の話です。

こういったブロック自体は、場所もそれほど目立つところに置くものでもない(aside的な位置取り)ので、そんなに押して貰えるというものでもありません。サービスはwebでも利用できるものですし。

とはいえ、アプリをインストールして欲しいから置いてるわけですし、置いてるということはクリックして欲しいわけです。ユーザー数を考えれば、少々クリック率が上がれば実数としてはちょっとしたインパクトはあるわけですし。

そういうわけで、このブロックの性格をあまり越えない(悪目立ちしない)程度でちょっとユーザーさんの関心を引けないかなと思案した結果、さり気なくアニメーションをtransitionで入れてみました。スクロールで出てくるときにちょっとだけ。

で、どうなったかですが、冒頭に書いてる通り、変更後の1週間(7日間)のクリック率は変更前同期間の130%となりました。

現状、オミカレは他がヌルヌルしないサイトなので、どのサイトでもこんな効果がでるというものでもないと思いますが、「動き」というのも使い方でお役に立ちますよ。という話でした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください